フルカラー印刷 全面反射 再帰反射シート
フルカラー印刷対応!印字部分も全面反射!インクジェット印刷対応再帰反射シート レフピカ
再帰反射シート 印刷 昼間 再帰反射シート 印刷 夜間
塩ビシートでは適えられない
夜間の圧倒的表現力
右の写真は一般的に屋外サインで使用されている塩ビシートと再帰反射シート レフピカとの比較写真です。

レフピカは、80~120cd(カンデラ)/㎡の輝度を有しています。
この数値はJIS規格1級品の高輝度で、公的な標識で用いられる基準の数値を満たしたものです。

常に明かりがついている電飾看板と違い、光が当たった瞬間に明るく輝いて見えるため、着目度が違います。店舗・パーキングへの誘導など、注意して見てもらいたい場所にこそ、より効果を発揮します。
サイン イメージ
レフピカはインクジェットプリンターで印刷するので、色数やデザインの制限がなく、写真やグラデーションなど自由に表現できます。
看板・案内・ノベルティなど様々な用途にご活用ください!

レフピカが様々な場所で選ばれ続ける、3つの理由
照明設備不要
既設の看板の上にレフピカを貼るだけで、夜間ヘッドライトなどの光に反射する看板へ早変わりします。
また、切り文字加工のみに対応していた反射素材と違い、フルカラー印刷部分も反射しますので広告看板として最大限の威力を発揮できます。

内照式看板やスポットライト式の看板と違い、電気工事が不要のため、工事期間の短縮、ランニングコストの削減ができます。

また、レフピカは紫外線を発せず、自発光しないので、夜間虫を引き寄せたり、それによる農作物に被害を及ぼすことがありません。
約7年間の高耐候性
レフピカ基材の耐候性は7年以上です。

サンシャインウェザーメーターでの耐候テストでも5年で褪色率が5%以内という驚きの数値が出ています。
7年でも十分耐えることができます。

色褪せが少ないため綺麗な色が長続き!メンテナンスの頻度が少なくて済みますので、経費削減にも貢献いたします。
JIS規格1級品の高輝度
レフピカは、80~120cd(カンデラ)/㎡の輝度を有しています。JIS規格1級の輝度のため、車のヘッドライトの光で明るく色鮮やかに反射します。

JIS規格1級の輝度を誇りながらも安価にて制作が可能なため、皆様に多くのご用命を頂いております。

※ただし国内企業では下限値70cd/㎡のものをJIS規格1級品と定めており、また計測箇所に依り20%程度の誤差が生じる事が通常のことから、国内の一般的な表記にあわせ70カンデラの輝度としております。

塩ビシートとの比較

塩ビシートと反射シートの比較
塩ビシート・レフピカ同一デザインにて出力し、比較写真を撮影いたしました(※塩ビ、レフピカともにストロボ撮影)。
塩ビシートはライトの光を当ててもうっすらと見えるだけなのに対し、レフピカは光源の光をそのまま反射し明るく輝いて見えます。

昼間の状態を比較すると、レフピカはシートにガラスビーズが封入されているため、印字されていない部分がややグレーがかっているように感じますが、印字部分は塩ビシートと比較しても変わらない美しさで表現されており、子供のイラストで使用されているグラデーションも綺麗に表現されています。

1,440dpi等の高解像度出力にも対応していますので、8pt程度の小さな文字も十分に再現できます。
車両ステッカーや駐車場案内などの小さな面積でも十分に反射いたしますので、スポーツチームのステッカーや、配送用車両などの側面に販売促進・宣伝用ステッカーとしてなど、様々な用途でご使用いただけます。

電飾看板との比較

電飾看板と反射シートの比較
実際に看板として設置してある場所でヘッドライトが当たった際の見え方を比較しました。
明るさは外照式看板にも負けません。また、レフピカは電気を使用しないため、省エネで企業イメージもアップ!
弊社取扱製品に関するお問い合わせ、各種資料請求をご希望の方はこちらから
レフピカ・レフピカEXのロール・シートのご購入出力依頼(データ入稿)をご希望の方はこちらから